リノベーションで始まる新しい生活│住まいのアップグレード

マンション

借り手を増やす手段

賃貸物件をリノベーションすること

綺麗なマンション

最近になって賃貸物件のリノベーションが密かなブームになっていて、その理由としては、貸し手よりも借り手が少なくなって、なるべく自分の物件を選んでもらおうという思いがあってのことなのです。賃貸物件とはあくまで賃料によって利益を出しているので、借り手がいなければ意味がなく、そのためにより借りたいと願う環境を作り出すことが大事になってくるのです。そのためのリノベーションであり、最近よく耳にするようになったこの言葉はリフォームと混合されがちですが違っていて、大規模改装、さらにはより使いやすくするという意味があるのです。それゆえ以前の建物よりもずっと良くなって、人気が出れば求める人も多くなるというわけです。

より借り手がつくように

しかしながらリフォームに比べてリノベーションは大規模改造というだけあって、施工費が若干値上がりするのがデメリットであるのです。それでも何もしなければ、最近は本当に借り手が少なくなっていて、その分向こうに選択の自由が生まれてくるので古い賃貸物件は不利になってしまうのです。これで交通の便が良かったり、スーパーやコンビニが近くにあるなど売り込みポイントがあればいいのですが、ない場合は競争が厳しくなるのです。それゆえ金銭をかけてもリノベーションをして、人気の賃貸物件にする必要が出てくるのです。何もしないで借り手がいた時代は終わって、これからはより積極的に借り手に選ばれる物件つくりの必要が出てくるのです。